返済することができるかが判断基準

消費者金融は貸したお金をしっかり返済することができるかどうかを短い時間で判断しなければなりません。
消費者金融によって審査基準は違いますが、返済することができるかどうかという判断基準は共通していると言えます。
 
具体的には、職業的には一定の収入が期待できる正社員はもちろんのこと、アルバイトや派遣社員などの人も一定の収入があれば、借り入れすることができます。
しかし、無職の人は、専業主婦などの配偶者に一定の収入のある人は別ですが、借入することはできません。
 
また、実際に審査中でも書かれている電話に連絡がつかないなどをすると、信用度にかけ、審査に通らない場合があります。
申込内容に不備があったり、異なった内容が書かれている場合にも信用度に関わってきます。
 
そして、信用情報機関に延滞や事故の情報が記載されている場合は、返済能力に欠けるとして、審査に通らない場合がほとんどです。
このように全ての審査には返済することができるかどうかが判断の基準になっていることがわかります。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月15日 14:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キャッシングのレイク」です。

次のブログ記事は「ラクトフェリン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。